【剣盾S10シングル最終63位/レート2085】幻影カビラオス

 

むしコロリと申す者です。

S10で使った構築を紹介します。良かったら見て行ってください。

 


f:id:Mushikorori:20201001182503j:image
f:id:Mushikorori:20201001124621j:image

レンタルはそのうち消すかもしれませんがご了承を


【コンセプト】

  • 珠水ウーラオスで相手のポケモン全員しばく。
  • 対面性能の高いポケモンで数的有利を取る。
  • 命中不安技を極力採用しないことで運負けを減らす。

 

【個体紹介】

 

f:id:Mushikorori:20201001043213g:plain

f:id:Mushikorori:20201001023038p:plainリザードン@ラムのみ

特性:もうか

実数値:153-80-98-161(252)-106(4)-167(252)

技構成:ブラストバーン/ぼうふう/りゅうのはどう/ソーラービーム

 

ダイマ

バレル、バタフリー、催眠ゲンガーなどが流行っていたのでそれらの対策としてラム。

発動機会は多かったので持たせて正解だった。

パッチラゴンがトップメタだというのと、シーズン終盤はハピナス、ラッキー入りとよくマッチングしたので選出する機会があまりなかった。

ゴクエンの定数ダメとラオスを抜いてる点がとても偉い。

 

 

f:id:Mushikorori:20201001043347g:plain

f:id:Mushikorori:20201001022950p:plainゲンガー@きあいのタスキ

特性:のろわれボディ

実数値:135-76-80-182(252)-96(4)-178(252) 

技構成:シャドーボール/ヘドロウェーブ/ふいうち/マジカルシャイン(エナジーボール)

 

不意打ち採用のためA個体値31

 

襷枠

技構成ラスト1枠は最終日のみマジシャで、それまではエナボで使っていた。

パーティー内にフェアリー枠がいないのでマジシャに変更したのは正解だった。

ゲンガーミラーや襷ガルド襷アシレなどに打ち勝てるように不意打ちを採用。

ゲンガーの不意打ちが考慮されたことは一度もなくうまく刺さる試合が多かった印象。

今回は安定打点が欲しかったので催眠たたりめは採用を見送った。

 

 

f:id:Mushikorori:20201001043354g:plain

f:id:Mushikorori:20201001022940p:plainカビゴン@たべのこし

特性:あついしぼう

実数値:267(252)-130-128(252)-x-130-51(4)

技構成:カウンター/ヒートスタンプ/まもる/あくび

 

補正無し珠パッチの電撃くちばし、ラオスインファイトを耐えるためHB振り切り

同族意識で余りS

 

クッション枠

パッチアントマリルリなどを切り返すためにカウンターを採用。

カウンター自体は読まれやすいが相手のダイマ中などカビゴンを殴らざるを得ない状況を作り出すと決まりやすい。

攻撃技の枠はパーティー全体で重い水タイプ全般に抗えるなりパン、たねばくだん辺りにしても良かったが、今回はナットバレルに対して打点になり単純に威力が高く範囲も悪くないヒートスタンプにした。

 

 

f:id:Mushikorori:20201001043401g:plain

f:id:Mushikorori:20201001022932p:plainドサイドンじゃくてんほけん

特性:ハードロック

実数値:191(4)-178(12)-151(4)-x-105(236)-92(252)

技構成:ロックブラスト/じしん/ほのおのパンチ/つるぎのまい

 

補正無し珠リザードンのダイソウゲンをダイマ時に確定耐え

60族やムドー意識で準速

 

崩し要因

ヒトム絡みのサイクルや受けルを崩す時に選出する。

それ以外はよっぽど刺さりがよくない限り出さなかった。

頼れる背中。

 

 

f:id:Mushikorori:20201001043407p:plain

f:id:Mushikorori:20201001022907p:plainモロバレルゴツゴツメット

特性:さいせいりょく

実数値:219(236)-90-134(252)-105-103(20)-31

技構成:ギガドレイン/クリアスモッグ/イカサマ/キノコのほうし

 

再生力意識でH=3n

B振り切り余りD

下から胞子を打つために最遅

 

クッション枠

 

相手のラオスに対してのクッションになってほしかったのでゴツメ。

この枠は草食マリルリやお盆瞑想アシレなどと入れ替えながら使っていたが結局バレルに落ち着いた。

順位が高い相手だと基本的に胞子対策はしているので選出しないことが多かった。

 

 

f:id:Mushikorori:20201001043338g:plain

f:id:Mushikorori:20201001022900p:plainれんげきウーラオス@いのちのたま

特性:ふかしのこぶし

実数値:175-198(236)-123(20)-x-80-149(252)

技構成:すいりゅうれんだ/あなをほる/つばめがえし/ビルドアップ

 

キョダイ個体ではなく通常個体

 

ダイマ枠兼崩し枠

クッション枠のカビ、バレルで相手のポケモンを眠らせ、ビルド積んでジェットする。相手は4ぬ。

初手ダイマしても強い。受けに対しても強い。今回のMVP。

インファが無くて困る場面は多少あるが、それ以上に穴を掘るとつばめがえしが必要な場面のほうが多かった。

どうでもいいけど穴を掘るの技モーションが面白い。

 

 

【選出パターン】

f:id:Mushikorori:20201001022950p:plainf:id:Mushikorori:20201001022940p:plainorf:id:Mushikorori:20201001022907p:plainf:id:Mushikorori:20201001022900p:plain

相手がスタンパで選出に迷った時はこれ。

初手ダイマ+ラッキーヌオーのような構築にもこの選出が刺さる。

初手に出すのはゲンガーorカビで裏からラオスを出していく。

ゲンガーで対面的に処理、クッション+ラオスで詰めるのが理想的な展開。

 

 

 

f:id:Mushikorori:20201001022940p:plainf:id:Mushikorori:20201001022907p:plainf:id:Mushikorori:20201001022900p:plainorf:id:Mushikorori:20201001022932p:plain

対サイクル系

クッションを2枚選出してどこかで相手のポケモンを眠らせラオスorドサイで積んで崩す。

ドサイはよっぽど刺さってるときにしか出さない。基本ラオス

 

よく出したのはこの2パターンだが相手に応じて柔軟に選出を決めていた。

 

【重いポケモン

f:id:Mushikorori:20201001085955p:plain

単純にキツい。

 

f:id:Mushikorori:20201001090022p:plain

型が多すぎる。ダイサイコ打ってきたらしばく。

 

f:id:Mushikorori:20201001090257p:plain

火力が高すぎる。ダイジェット無理。

 

f:id:Mushikorori:20201001090317p:plain

零度一発当てm@nge


f:id:Mushikorori:20201001090036p:plain

リザードンの選出をほぼ強制させられるのでかなり厳しい。

 

f:id:Mushikorori:20201001022950p:plain

ゲンガーミラーで催眠連打してきたやつ許さん。

 


【感想】

f:id:Mushikorori:20201001182938j:plain

久しぶりに最終2桁取れて嬉しい・。・v

次のシーズンも最終2桁取れるよう頑張ります!